B工事とはどんな工事か?存在意義と起きるトラブルとは

空

B工事の存在意義と問題

ビルの中にテナントを移転した場合に最初に行うことは、内装工事です。内装工事は、冷暖房工事や給排水工事のようにテナントが活動をするために最低限必要な工事です。借りている区画であるから、区画内を自由に工事して良いかと言えばそうではありませ…

B工事の存在意義と問題

ビル

ビルの中にテナントを移転した場合に最初に行うことは、内装工事です。内装工事は、冷暖房工事や給排水工事のようにテナントが活動をするために最低限必要な工事です。借りている区画であるから、区画内を自由に工事して良いかと言えばそうではありません。
工事の中には、オーナーである貸主が行う工事もあります。例えば借主であるテナントがテナント内に冷暖房設備をもうける場合、壁に穴を開け、室内機と室外機をつなげて冷媒を循環させる必要があります。壁は、ビルの構造上重要な部分であるため、適当な業者にいい加減な工事をされると、ビル全体の強度が低下します。
そのため、業者をどの業者にして、どのような工程で工事を行うかは、オーナーにとって重要になるため、工事業者はオーナーが手配します。しかし、設備を利用して利益をあげるのはテナントであるため、工事費用を負担するのはテナントです。
例にあるテナント内の冷暖房工事のように業者の手配はオーナーが行い、費用負担は、テナントが行う工事工事と言います。B工事は、オーナーが業者を手配するときに、業者から相見積りをとって比較するなどの競争原理が働かないため、B工事の工事費用は、テナントが自分で手配した場合の、1.2~2倍程度になります。そのため、テナントの賃貸借契約をする前に、B工事の工事区分について確認することが重要です。

Recent Information

ビル

B工事の存在意義と問題

ビルの中にテナントを移転した場合に最初に行うことは、内装工事です。内装工事は、冷暖房工事や給排…

MORE ▶

高いビル

オフィス工事の工程とB工事への理解

オフィスの工事は段階ごとに細かく分類されており、B工事は中間的な位置づけに該当します。ビルに入…

MORE ▶

TOPIC MENU UPDATEPOST
ビル

B工事の存在意義と問題

ビルの中にテナントを移転した場合に最初に行うことは、内装工事です。内装工事は、冷暖房工事や給排…

MORE ▶

高いビル

オフィス工事の工程とB工事への理解

オフィスの工事は段階ごとに細かく分類されており、B工事は中間的な位置づけに該当します。ビルに入…

MORE ▶

並ぶビル

B工事について

B工事という言葉、耳にしたことがあるでしょうか。それは、オフィスの内装工事などで使われる言葉で…

MORE ▶

高層ビル

B工事とはどんなことか

テナントなりオフィスなりの進出をするときにB工事という用語が出てきます。この工事は、一つの区分…

MORE ▶